MENU

足元を整える 〜健康な身体の土台づくり〜

2021 10/25

足とは、二足歩行で生活する人にとって唯一地面に接する部分です。

人の身体は簡単に言えば「積み木」であり、骨格で考えれば土台となる足の上に脛(すね)・大腿骨・骨盤・背骨・頭とそれぞれのパーツが積み重なっていることから、土台の足の状態が悪ければその上の乗っかるパーツもその影響を受けます。

つまり、足は人の身体を支える土台であることから、我々の身体の調子は足の状態に左右されていると言えるでしょう。

このことから、足元を整えることは健康な身体づくりの土台となり、痛みや不調を改善する上でとても大切な要素です。

目次

きちんと立てていますか

では、足元を整えるためにはどうすればいいのでしょうか。

最もシンプルで効果的なものが、きちんと立つことです。

きちんと立つとは足の適切な位置に体重が乗っていることであり、「楽に立つことができている・立っていて疲れにくい・足裏がフワフワする」といった感覚があれば、きちんと立てていると思っていいでしょう。

よくある立ち方のエラー

きちんと立つために修正するポイントは人によって異なりますが、その中でも「膝」にエラーが生じているケースが多くあります。

どういったエラーかというと、普段の立ち姿勢から膝が伸びきっているというものです。

膝を過度に伸ばしてしまうと、膝の関節のクッションが失われることで、動作に伴う身体への負担が大きくなります。

それをそのままにしておくと、身体に違和感を覚えた後に痛みへと変わる可能性もあるため、普段から少し膝を緩める癖をつけるようにしましょう。

膝を緩めたことで足に乗る体重の位置に変化があるかどうかを確認することもお勧めです。

足元が整えば、身体が整う

きちんと立つ。

つまり足の適切な位置に体重が乗るようになると、それに伴い身体の重心も適切な位置に修正され、偏りのない自然な姿勢が生まれてきます。

治療を受けているにも関わらず改善しないといった肩こりや腰痛も足元を整えることで症状が緩和するかもしれません。

まずは自分の足に意識を向けてみましょう。

あなたの足はきちんと立つことができていますでしょうか。

南森町のプライベートジム
neutral トレーニング&コンディショニング

目次
閉じる