MENU

運動の効果を引き出すために

2021 8/19
  • 運動をはじめるけれどいつも続かない。
  • やっている運動があっているかどうかわからない。

その理由は、運動の効果を感じられていないからではありませんか。

何ごともそうですが、効果や成果が現れないものは何のためにやっているかがわからないために、長続きはしないでしょう。

特に運動はしんどいことをしているからこそ、その効果を過度に期待してしまう傾向があります。

では、運動の効果を引き出すためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

目次

日々の積み重ねが効果を引き出す

運動の効果を引き出すために最も重要なのは、運動を継続して取り組むこと。

なぜなら、運動はしんどいことをすればするほど効果が高まるというものでなければ、一発で驚くほどの効果がでるものでもないからです。

日々の少しずつの積み重ねが効果として現れ、あなたの身体・生活に変化を与えるものであることをまずは理解しておきましょう。

運動の効果は時間を要する

何より、運動の効果が現れるまでには時間を要します。

1週間程度、運動を継続するくらいでは十分な効果を感じることは難しく、効果を感じはじめるまでに2~3ヶ月の期間は必要でしょう。

ですので、長い目で見て半年間の継続を一つの目安にすることをお勧めします。

無理のない運動の選択

半年間の運動の継続と聞くと、運動の苦手な方にとってはハードルが高いと感じるかもしれませんが、決してしんどい運動を半年続けてくださいというわけではありません。

例えば「1日15分散歩」をするだけでも半年続ければ、今までになかった運動の習慣が定着することになりますので、その効果を確実に実感できます。

運動の効果が現れるのに時間はかかりますが、効果を引き出すことはそんなに難しいことではありません。

諦めないための工夫

小さなことでもコツコツ続けていれば、その効果は必ず現れます。

ただ、その効果を手にする直前のところで効果がわからないと諦めてしまう方が多く、とても勿体ないです。

運動は気合や根性で行うものではありません。

あと少し続けていれば効果が得られたというところまで来ている方が多いからこそ、大切なのは諦めないための工夫です。

できない自分を責めるのではなく、どうすれば頑張らずとも続けることができるのかを考えてみましょう。

目次
閉じる